いつも人が真ん中にいる企業、それがアジル・ラボです。

アジル・ラボに入社した(応募した)きっかけは?

私は新入社員でこの会社に入ったのですが、「母校の先輩も入社していて安心感がある」、「新入社員向けの教育カリキュラムがしっかりしている」、「自宅からも近く通いやすい」などが決め手となり、入社を決意しました。

現在どんな業務に就いていますか?

主な業務として、顧客社内のユーザ向けヘルプデスクや情報機器(PC・モニタ・プリンタなど)および基盤提供ソフトウェアの運用・管理を担当しています。

アジル・ラボに入社してよかったと思うこと

とても明るい社風で、社員一人一人のことを会社がよく見てくれるところです。
顧客先での常駐業務が多いこの業界ですが、アジル・ラボでは定期的に社員全員が参加するオフサイトミーティングなど、社員同士が集まる場を会社が提供してくれます。

仕事をしていて嬉しかったこと

機器でトラブルが発生してそれが無事復旧した時、ユーザに喜んで頂けることが一番充実する瞬間です。

仕事をしていて苦労したこと

嬉しかったこととは反対に機器のトラブルが復旧しない時、ユーザからお叱りを受けることです。
トラブルに関しては筐体内部の埃が原因(意外と多い)など、こちらに非がない場合もありますが、ユーザからのクレームをきちんと吸収して再発防止を考えたりすることは非常に勉強になります。

今後どんなエンジニアになりたいですか?

ようやく社会人として周りが見えてきたという事もあり、「まだわかりません」というのが正直なところです。
ただ、入社してから今の業務に携わっていますので、もっと色々な事を経験してエンジニアとしてのスキルを磨いていきたいです。

入社を考えている人へのメッセージ

就職活動の際に会社案内や、求人票、会社説明などで検討されていると思いますが、会社によっては色々な特色があり、どの会社が良いか全く分からなくて決めかねている方も多いと思います。実際、私も就職活動中は同じように感じていました。
私が「アジル・ラボは他の会社とここが違う」と思うところは、会社全体の雰囲気がとてもフレンドリーで明るいということです。
どこに応募しようか決めかねている方は、一度アジル・ラボの説明会に参加されてはいかがでしょうか?